多治見市 タイル 株式会社 丸喜 石材 陶磁器 その他窯業製品の販売・加工及び輸出・輸入

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • カテゴリ選択 製品名
ガチロック画像

ガチロック(大型タイル壁面施工の新工法)

ガチロック工法導入の2大メリット

耐震性の向上
簡単取付け
ガチロック
  • ●ガチロック工法及び専用金具は、特許出願中です。
  • ●ガチロック工法は、国土交通省フロンティア事業選定品です。

専用金具取付け姿(各タイルサイズ2ヶ所取付け)

ガチロックイメージ

専用取付レールを構造体にビズ・アンカー等で留め付け、予め工場にて取付た専用支持金具付タイルをガチレールに引っ掛け、接着剤で固定する施工方法です。
タイル個々が新たに開発した金具で引っ掛かった状態にあることでタイルの独立性が保たれ、地震時や強風時の躯体の大きな揺れを吸収し、剥奪・落下を防止することができます。
落下による飛散を防止することができます。

設計価格(タイル代別途)

専用金具+金具取付け加工代+レール代

600mm角 6,000円~/m

2
400mm角 11,000円~/m

2
600×300mm角横 12,000円~/m

2
600×300mm角縦 6,000円~/m

2
300mm角 12,000円~/m

2

※価格はサイズ・躯体により変わる事があります。上記以外のサイズタイルも対応できます。詳細はお問合せ下さい。
※上記価格に施工費用は含まれておりません。

1 下地にレールを取付け

レールを下地にビス止めします。しっかりと固定されるよう、電動ドライバー等で止めてください。(アンカー併用)

Cautions
水平器等用いて、水平になるよう取付けて下さい。

2 専用金具付タイル裏面に接着剤を塗る

接着剤をタイル裏面中心から下部にかけて塗ります。

Cautions
タイルのサイズにより、接着剤の量(位置)を調整して下さい。

3 タイル裏面金具をレールへ

しっかりとレールが固定されている事を確認し、タイル裏面金具をレールへ引っ掛けます。

Cautions
レール取付け位置は施工効率により、上部・下部どちらでも可能です。発注時に指示下さい。

4 下部(裏面接着剤塗布部分)を押さえて張り付け微調整

タイル裏面上部がしっかりと引っ掛かっている事を確認し、下部を下地へ張ってください。(接着剤部分にて不陸を調整して下さい。)
 

施工条件
内部高さ制限 タイル形状と耐震力計算により決定願います。
外部高さ制限 タイル形状と風圧力計算により決定願います。
タイルサイズ ボード下地―600×600mm角以下(下地強度により大型可能)
モルタル下地―1200×600mm角以下(内部)※大きさによりアンカー使用
ALC下地―600×600mm角以下
押出成形セメント版―600×600mm角以下
RC造―600×600mm角以下(外部)※状況によりアンカー使用
※内外部共、目地幅は5mm以上とって下さい。
下地の種類 留意点 タイルの厚さ
ボード下地 スレートボード オートクレーブ養生品 厚さ6.0mm以上 8mm~15mm
(15mm以上の場合は、協議)
合板 1類、厚さ9.0mm以上
ケイ酸カルシウム板 比重1.0、厚さ6.0mm以上
石膏ボード 9.5mm以上
モルタル・コンクリート ・モルタルにて不陸調整を行います。
・下地精度は±3.5mm/3m以内としてください。
(誘発目地は跨がない。)
ALCパネル ・10mm厚以上として下さい。
・ポリマーセメントモルタル等にて、下こすりを行ってください。
・パネルジョイントに跨って張らないで下さい。
押出成形セメント板 ・60mm厚以上として下さい。
・パネルジョイントに跨って張らないで下さい。
RC造 ・モルタルにて不陸調整を行います。
・下地精度は±3.5mm/3m以内としてください。
(誘発目地は跨がない。)
材料仕様
接着剤 ・JIS区分でタイプ1を使用します。
(推薦ボンド:(株)タイルメント_金具併用ダンゴ張り接着剤NME-05)
ビス ・モルタル下地は、コンクリートビスまたはアンカー兼用とし材質は、SUS304またはSUS410とし、径4mm・L32mm以上をご使用願します。
・ボード下地はボードテクスビスを使用。
(ALCびビスを打ち込むときは、ALC専用ビスをご使用下さい。)
アンカー ・施工条件によりご考慮願います。
目地 ・基本コーキング施工(別途)にて、お願いします。
下地の注意点
ボードの下地の
場合
・胴縁の間隔は、455mm以下として下さい。
・ボード継ぎ目は目すかし張りとします。
・ボードのビス留め間隔は、120~150mmとし、ビス頭がボード面より出ないようにして下さい。
・壁面に器具類がつく場合、取付け位置には胴縁を配して下さい。(必ず、何らかの補強をお願いします。)
モルタル下地・
RC造の場合
・モルタル下地の表面仕上げは、金ゴテ仕上げとします。
・モルタル下地の浮き・亀裂・不陸が無いことを確認して下さい。
・RC造の場合、型枠剥離材等の使用時は、確実に水洗い等を行って下さい。
・RC造の下地精度は、±3.5mm/3m以内とし、不陸処理はモルタル下地に準じます。
施工上の注意
  • 下地の精度が、仕上がりや施工スピードに影響します。
  • タイルは、下から施工して下さい。
  • 下地面は、水濡れやほこり等が無いことを確認して下さい。ほこり等が付着していると、良好に接着しない場合があります。
    RC造の下地で、下地精度が良好なため直貼りする場合は、必ず型枠剥離材等の不純物を落して下さい。
  • 他部材との取り合いはコーキング目地とし、十分な目地幅を確保して下さい。
  • 床との取り合い部は、床にのみ込ませない納まりとして下さい。最下段のタイルは、速攻セメント等でボンド硬化まで仮固定して下さい。
  • 設備、電気機器、看板等は下地に取付けることとし、タイルに荷重ををかけないようにして下さい。
  • 金物を扱う際にはまれにバリ等がある場合が有りますので手袋を着用して下さい。
  • 接着剤が完全硬化するまで臭いが残ることがあります。施工中だけではなく、施工後1週間程度は空気がこもらないように換気などを行ってk下さい。